参療しましょう!!

 

私たちは,だれでも健康で安心して暮らしたいと思っています。そのために、医療をはじめ行政・福祉などさまざまな専門職の方々が、毎日 一生懸命働いておられます。

 

一方、医療を取り巻くさまざまな課題が この地域にもあります。

 

私たちにとって大切な地域医療を守り・育てるために、私たちは何を心がけ、何をしたらいいのでしょう。 医療や福祉は、誰かが何とかしてくれるものでしょうか?住民は何もしなくて、ただ 誰かが何かをしてもらうのを待っているだけなのでしょうか?

 

茨城県立中央病院 名誉病院長は 「参療」をキャッチフレーズに 地域とのコミュニティーを初めました。

 

まさしく 時代の流れだと感じました。病気や怪我の治療は医師がするにしても、患者の数を減らすことは私達住民にもできるはずです。また、縦割りになっているサービスについては、住民のアイディアで横の繋がりができるようになるでしょう。


「対話をする地域医療」を育てたいと思っています。

 

 

   停止中

http://www.mag2.com/m/0001671898.html

 

 

 

 

 

 

 市民公開講座 勇美記念財団 にても

アナウンス頂いてしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多くの歯科医院が登録されています。

 静岡がんゼンターが そして静岡全県に 柏が 広島が そして つくばが 患者さんの 必死の想いを受け止めるべく 声をあげました。地方地方でも その声は 立ち上がり 5年ほど前より 日本歯科医師会・国立がんセンターが 一都四県で先行的に連携の活動が始まりました。

そしてリストは各 がん拠点病院オリジナルリストと 歯科医師会がまとめるリストが完成し随時 追加しています。

 

また 口腔領域の血液循環・衛生度は全身に大きく影響する事は 医学界でも常識であり 多くを学んで理解のある医師であれば 皆様の健康を考えて 医科歯科連携の重要性を理解し がん連携(支持療法)の研修を受けた歯科医院を推薦いただけるはずです。