参療しましょう!!

 

私たちは,だれでも健康で安心して暮らしたいと思っています。そのために、医療をはじめ行政・福祉などさまざまな専門職の方々が、毎日 一生懸命働いておられます。

 

一方、医療を取り巻くさまざまな課題が この地域にもあります。

 

私たちにとって大切な地域医療を守り・育てるために、私たちは何を心がけ、何をしたらいいのでしょう。 医療や福祉は、誰かが何とかしてくれるものでしょうか?住民は何もしなくて、ただ 誰かが何かをしてもらうのを待っているだけなのでしょうか?

 

茨城県立中央病院 名誉病院長は 「参療」をキャッチフレーズに 地域とのコミュニティーを初めました。

 

まさしく 時代の流れだと感じました。病気や怪我の治療は医師がするにしても、患者の数を減らすことは私達住民にもできるはずです。また、縦割りになっているサービスについては、住民のアイディアで横の繋がりができるようになるでしょう。


「対話をする地域医療」を育てたいと思っています。

 

デジタルマガジン始めました。

 つくばの色々見えてきます。(^_^)/ 

 

   登録は↓

http://www.mag2.com/m/0001671898.html

 

 

 

 

 

 

 市民公開講座 勇美記念財団 にても

アナウンス頂いてしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

がんピアサポートに御参加を!

[がん医療におけるピアサポート」座長 菊池筑波メディカルセンターがん病院長、講師 兵庫医科大学 大松重宏准教授 にて 開催されました。

 

組織立ち上げ・維持・運営 関係する人 考え方等々
とても勉強になりました。また参加されている方々も いつもの医療関係者で無い 患者の会さんからの出席が多かったと思います。ほぼ女性でした。 男性の場合 見つかっても禁煙しない方も多く また 不安んを我慢する方も多く 参加できる「場」が できたら いろいろできそうなので いいなと思いました。

 

 

がん拠点病院の多くには 「患者の会」があります。

元・現患者さんで構成されています。

多くの知識と経験を持ち これからがん治療に立ち向かう人にとって 心強い存在です。

みなさん ボランティアです。

 

ただ がんにも場所や年齢 などによって 症状・副作用・治療法に違いがありますので

細分化も 必要だと思いいますし 参加される経験者の方が 少ないのも現状です。

 

声を拾う事に 何か方法がないのか 色々考えてしまいます。

 

患者さんや 元患者さん 家族の方の参加が 重要ですので・・・・何かいい アイディアありましたら

 

 寄付・協賛のページに 連絡先があります。よろしくお願いします。

 

または FB   https://www.facebook.com/Tsukubairyourennkeiteam?ref=hl

にコメ下さい。

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。