参療しましょう!!

 

私たちは,だれでも健康で安心して暮らしたいと思っています。そのために、医療をはじめ行政・福祉などさまざまな専門職の方々が、毎日 一生懸命働いておられます。

 

一方、医療を取り巻くさまざまな課題が この地域にもあります。

 

私たちにとって大切な地域医療を守り・育てるために、私たちは何を心がけ、何をしたらいいのでしょう。 医療や福祉は、誰かが何とかしてくれるものでしょうか?住民は何もしなくて、ただ 誰かが何かをしてもらうのを待っているだけなのでしょうか?

 

茨城県立中央病院 名誉病院長は 「参療」をキャッチフレーズに 地域とのコミュニティーを初めました。

 

まさしく 時代の流れだと感じました。病気や怪我の治療は医師がするにしても、患者の数を減らすことは私達住民にもできるはずです。また、縦割りになっているサービスについては、住民のアイディアで横の繋がりができるようになるでしょう。


「対話をする地域医療」を育てたいと思っています。

 

デジタルマガジン始めました。

 つくばの色々見えてきます。(^_^)/ 

 

   登録は↓

http://www.mag2.com/m/0001671898.html

 

 

 

 

 

 

 市民公開講座 勇美記念財団 にても

アナウンス頂いてしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オーラルマネージメント研究会

会長道脇幸博先生、大会長西條英人先生にて第3回東京オーラルマネージメント研究会が開催されました。東邦大学教授海老原覚先生にて「誤嚥性肺炎の包括的治療・予防・リハビリテーション戦略」と題して教育講演が座長関谷秀樹先生のもと行われました。その他にも東京大学有村奈巳先生、同大学集中看護師南条裕子先生、世田谷記念病院堺琴美先生、山梨 中村弘之先生、東大工業系特任助教授 赤井研樹先生の 内容の濃い臨床に役立つ御話を拝聴できました。技術経営戦略の赤井先生の統計のパネル化しての考え方は 新鮮でした。閉会の辞は兵庫医科大の岸本先生がオーラルマネージメントのキャッチフレーズは「CREATE]という事で(^o^)

 

「食べられる口をCREATE!」C;Cleaning清掃、R;Rehabilitationリハビリ、E;Education教育、A;Assessmento評価、T;Treatment治療、E;Eat,Enjoy食べる、楽しむ、だそうで、この中で特に個人的にはEducation教育が重要だと思います。何も歯科から病院医療介護従事者に口腔ケアを指導や医科が注意点を歯科に教えるだけでなく がん患者さんやその家族に 各種ケアの方法や治療を理解いただけるよう説明 患者さんからも 色々な状況ややってみた状況を教えて頂く事も大切で みんながお互い教え合う 「教育」はとても価値のある事だと思います。